Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

県立柏高校

県立柏高校 合格体験記

「塾との相性について」

県立柏、専修大松戸、流通経済柏(Ⅲ類)高校 合格
(光ヶ丘中 N.K君)

僕は小学6年生になる頃、この塾に入りました。当時同じ小学校の人はいなく、最初は不安でした。しかし、少人数で授業を行っていたため、まわりの人たちとは自然に仲良くなり、お互い教えあうなどして、楽しく勉強ができました。

中学生になると、クラス全員がレベルの高い高校を目指し、一致団結して授業に取り組めていたので、塾に通うことは苦にならなかった。

授業でははじめから難しい問題に取り組むのではなく、基礎からはじめ、簡単な問題から少しずつ難易度を上げていくため、難しい問題でも確実に解けるようになった。

授業は少人数で行われるため、落ち着いた雰囲気で取り組めることや、先生がひとりずつに気を配ってくれていたこと、そういったものが自分には合っていたのだと思う。

他にも、週1回の自習の時間が作れ、そこで学校や塾の宿題に取り組むことができた。また塾にある教材を使って勉強できたことなども良かった。

部活動等で自分の都合が合わないときは、別の日に振替授業が受けられる点なども良かった。




「第1志望に合格して」

県立柏土浦日大(特進)、二松学舎(特進)高校 合格
(土中 S.Kさん)

私は中2の夏期講習のとき、この塾に入りました。

入ったばかりのときは数学が出来ず、なかなか問題が解けませんでしたが、わからないところは先生が丁寧に教えてくれ、この積み重ねでデキルようになっていきました。

中3の夏期講習で、苦手だった関数がデキルようになりました。私はこの「関数がデキルようになった!」という手ごたえを感じたときから、県立柏高校を受験したいと思うようになりました。

しかし、塾のテストでは県立柏の合格点にはほど遠いもので、勉強しなきゃという気持ちは日に日に強くなっていきました。

秋からは、延長授業や塾のない日にも行ってもらえる特別授業にも参加しました。県立柏に受かりたいという思いを胸に、冬期講習や正月特訓にもフル参戦しました。

公立前期入試では不合格でしたが、日曜にも授業を行ってもらい、そのおかげで後期入試で県立柏高校に合格することができました。

私が志望校に合格できた理由は、最後まであきらめなかったからだと思います。
そしてあきらめずに頑張れたのは、入試前日まで私を引張って行ってくれた先生たちのおかげです。

この塾に通っていて、本当に良かった。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional